2015年01月07日

最速はMX

いよいよ今夜から、「艦これ」のアニメ放送がはじまりますよ。
fubuki09.jpg
「フブキ、がんばります!」
「いや、あんたじゃないから」
その影響は、あちこちに波及中!?
posted by 旭亮 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

霧、現る

横須賀にある記念艦・三笠で開かれている「蒼き鋼のアルペジオ展」を見てきました。

今回はJR横須賀駅から歩いて行く事にしました。
駅のすぐそばには海上自衛隊の施設があり、数隻の艦艇を見られました。
mikasa-2014-02.jpg
護衛艦「ひゅうが」

mikasa-2014-03.jpg
こちらは「きりしま」。
意外と身近なところにいるものです。

さて、三笠の中へと入りますと、艦内の一室がアルペジオコーナーになっていました。
mikasa-2014-04.jpg
ヨタロウがお出迎え。
今回は、来年初めに公開予定の劇場版に合わせた企画のようです。

mikasa-2014-05.jpg
このように、霧の艦隊の模型作例展示や、原作コミックの複製原画などが
展示されていました。
劇中でも横須賀は重要な舞台となっていますから、ピッタリのロケーションですね。

mikasa-2014-06.jpg
ところで、この左端の美人さんは誰なのでしょう?
劇場版の新キャラかな?(すっとぼけ)
posted by 旭亮 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

カッコイイものから楽しいものまで

秋アニメのテーマソングもだいぶ出揃ってきたので、目に付いたものを一気にレンタル。
配信の方が早くて確実ではあるけれど、やっぱりCDを手にとってみるのが
楽しみの一つなのです。
そして、CD発売の予定がないGのレコンギスタED「Gの閃光」は配信サイトから
ダウンロードしてラインナップに加えました。
これからはこういったスタイルも増えていくのかな?
posted by 旭亮 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

新曲ぞくぞく

秋アニメのOP&ED曲が続々リリース中。
いつも通りレンタルでゲットしております。ウォークマンを新調して
容量を気にしなくていいから、実に気が楽です(笑)。
楽曲としては「Fate/stay night」や「魔弾の王と戦姫」あたりが
気に入ってますね。早くフルサイズで堪能したいところです。
posted by 旭亮 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

ハピネス満タン

劇場版「ハピネスチャージプリキュア!」を見てきました。
例年通りの高いクオリティでしたが、普段のテレビ版とはちょっと違った
タッチの作画が印象的でした。
4人のキャラクターは、それぞれテレビ版の内容を踏まえてさらに掘り下げられて
いましたね。
エンディングまで含めて、劇場で見たい一本だと思います。
posted by 旭亮 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

ガンプラの季節が来た

週末出かけていた分、そのあとはいつも通りのアニメ録画消化。
土日は特に本数が多いので、追いつくだけでも大変なことになっております。
新番組のスタートとも重なって、録画予約の確認と合わせて一仕事ですね(笑)。

その新番組、今日から「ガンダムビルドファイターズトライ」がスタート。
前作を見ていれば、その期待度の高さは推して知るべし。それでもキッチリ
期待値を上回るものを作ってくるのはさすがですね。
また半年間、楽しめそうです。
posted by 旭亮 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

かわいいったらないねぇ

今日はストライクウィッチーズの新作上映に行ってきました。
上映時間30分という事で、OVAの特別上映と言うのが適当ですね。
今回はカールスラント組メインのエピソードという事で、個人的に好きな
トゥルーデがたっぷり堪能できて大満足。
このメンバーのトゥルーデいじりはもはや安定の域に達しております(笑)。
フリーダムなエーリカも良かったし、カールスラント好きなら絶対押さえておくべき!
posted by 旭亮 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

脇役にスポットライト

オフの日曜は、ニチアサをリアルタイムで見ない(笑)。
ゆっくり休むから休日なのだ。

>トッキュウ
みんな、ここぞとばかりにライトにつっこみまくり(笑)。
ああいうキャラだと直接的に言っても響かないだけに、相当溜め込んで
いたんダナ。
そういった中で、トカッチとヒカリの組み合わせもまた新鮮。
メンバーの間柄を折に触れて描写する小林脚本の面白さですね。

>鎧武
ザック、一世一代の大勝負に打って出た!
彼がベルトを手にして以降、純粋にヒーロー然としていられたのは、皮肉にも
「ストーリーの本筋とは外れたところが立位置だったから」と思うのですが、
今回ばかりはキッチリとメインストリームに乗ったザックを見られました。
それ以上に、紘汰と戒斗の覚悟が余りにも重かった。
改めて、鎧武、目が離せない作品です!

>ハピネス
ラブコメ臭がする……!(笑)
「イノセントな想い」が何を指すのか、この作品ではこれで正解な気がします。
純粋で前向き、いいじゃないですか。個人的にはナマケルダさんに肩入れ
したい気持ちもありますけど(笑)。
posted by 旭亮 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

みんなあいつのせい?

>トッキュウジャー
毎年恒例!? ともなった人格入れ替わりエピソード。
キャストの演技力が問われるテーマですが、今年のメンバーもさすがの
表現力ですばらしい。ちゃんと中の人(?)が誰かわかります。

そして、今回も屋外ロケに出たグリッタ嬢の存在感がハンパ無い。
明らかにミスマッチなビジュアルなのに、なぜか自然な感じになるのが
なんとも不思議ですね〜。

>鎧武
ミッチの、明らかに「踏み込んではいけない領域に入ってしまった」感が
ひしひし伝わってくるのがすごい。これは演じている方も実にやりがいがあるのでは
ないでしょうか。
対する紘汰はと言うと、今まで他人の為に頑張ってきた中で自分自身の望みが希薄な
事を指摘されて口ごもり。なんだかんだ言って、頼りにされれば断れない性分なのは
序盤から一貫しているだけに、自分よりも他人を優先して考えてるよな、ってのは
自然な流れに思えます。だからこそ、そこから出す答えがどんなものか、視聴者としても
気になります。

>ハピネス
だいたい神様のせい(笑)。
自覚があるのか無いのかさっぱりわかりませんが、どちらにしてもタチが悪いこと
この上ないので、誰かおしりペンペンしてやってくださいな。
今回は表情豊かなひめがどれも可愛く描けていて、演出の頑張りに拍手を送りたい気分。
おぼれる人魚姫なんて、そうそう見られるもんじゃない(笑)。
posted by 旭亮 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

映画のダイナミズム

今日は「ガールズ&パンツァー」&「トッキュウジャー&鎧武」の映画二本立て!
どちらも、劇場の大スクリーンで見る価値アリのダイナミックな画作りで満足です。
夏の劇場版作品として、申し分無い出来だったと思います。
posted by 旭亮 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

明日公開

いよいよ明日から、夏の戦隊&ライダー映画が公開!
gaimu09.jpg
えーと、鎧武はだいたいこんなイメージでいいの?(笑)
何はともあれ、楽しんで見られる映画であればいいな、と思っています。
公開初日は混雑するかもしれませんが、無事見られる事を願って。
posted by 旭亮 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

燃え上がれ、ガンプラ!

「ガンダムビルドファイターズ」の続編が正式に発表となりました。
主力商品であるガンプラの売り上げに大きく貢献した事が決め手になったと
思われますが、何より視聴者と製作側の距離が近かった事も2期に繋がったと
考えられますね。
最近は比較的高い年齢層向けのコンテンツになりつつあるガンダムですが、
これをきっかけに低年齢層にも裾野を広げる事が出来ればよいと思います。
「ガンダムは知らないけどガンプラは作ってるよ!」と言う子が増える
くらいの勢いで行ってもらいたいですね!
posted by 旭亮 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

天然最強

今週は土日共に天候に悩まされることなく、ゆったり過ごせました。
夏のイベントラッシュまであと少し、休養十分で臨めそうです。

>トッキュウジャー
明を笑わせよう! というテーマにかこつけた関根勤ショー(笑)。
少ないシーンながらも、しっかりネタを絡めてくるあたりはさすがプロです。
そして結論は、「天然には勝てない」。
あそこでリコーダーはズルい(笑)。

>鎧武
まさかのTVでもサッカーコラボ。
映画公開時期を考慮すると仕方ないのですが、先週からの流れに水を差す形に
なってしまったのが残念です。
しかし、中村憲剛選手の出演が個人的には嬉しい。予想以上にガッツリ出てくれたし、
本人も満足しているようで良かった。
映画の世界観を事前に紹介しておくと言う意味では、効果はあったと思いますね。
みんな、サッカー見ようぜ!

>ハピネス
「こんにちはー」「はい、こんにちは」
とても敵同士のやり取りとは思えない、微笑ましい光景です(笑)。
割と天然ぽいけれど、けっこうお茶目な面が随所にみられるようになったいおなに、
めぐみたちとの間柄が近いものになった事を感じさせます。
さて、恋愛禁止を掲げておきながら当事者となってしまう神様の運命やいかに!?(笑)
posted by 旭亮 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

ふたりの関係

>トッキュウ
6号専用、ビルドレッシャー&ビルドダイオー登場。
重機を模した外見通り、運転席も作業用といった雰囲気が随所に見られて
良いですね。対象年齢の子供たちなら、貨車なども十分すぎるほどに
魅力的ですから、狙いは十分と言えるでしょう。
明くんはまだ人間と接する機会が少ないだろうから、他のメンバーとは
徐々に距離を縮めていく感じになりそう。

>鎧武
斬月VS斬月・真!
兄弟対決というシチュエーションだけでも見どころ十分なのに、ビジュアル的にも
これは魅力的。その先に待つ結末は、どう転んでも苦いものではありましたが。
貴虎は良くも悪くも責任感が強い人物だった、と言うことでしょうね。

でも大丈夫、平成ライダーで水落ちは生存フラグだ!(笑)

>ハピネス
いおなのわだかまりを少しずつ解きほぐしていく、丁寧な描写が印象的。
誤解や思い込みがあり、それに対する後悔からくる気まずさ。何ともいえない
距離感が出ていたと思います。
なんだかんだ言っても、まだ中学生。それくらいはありますよね。

お買い物シーンでのいおなとひめのやり取りは、完全にお母さんとこども(笑)。
なんとなく、二人の関係がいい感じにおさまりそうな予感がします。
posted by 旭亮 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

再放送の定番

今期のアニメは、再放送も充実のラインナップ。
今夜は東京MXで「翠星のガルガンティア」がスタートします。
本放送から数えてもう3回目の放送ですが、良いものは何度見ても
いいですね。
また、これまで見たことがなかった人にも見る機会ができるのは、
とても良い事だと思います。

amy04.jpg
「『なんどめだ ガルガンティア』って言われるくらいになりたいな〜」
「それ、きっと褒められてないぞ」
posted by 旭亮 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

新番組続々

7月に入り、アニメ新番組が続々スタートしております。
ここ最近は東京MXが木曜夜の浅めの時間に多くの本数を投入していることもあり、
木曜日は平日の中でも見る本数が多い日になっております。
今期も「グラスリップ」「アルジェヴォルン」と、毛色の違う作品を揃えていて、
大いに楽しめそうです。
来週からは、これに「マジェスティックプリンス」の再放送も加わる事で、
いよいよ磐石の布陣と言ったところでしょうか。

深夜枠では「RAIL WARS」「普通の女子高生が〜」をチェックしてみます。
posted by 旭亮 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

スペシャルだからね!

「イナズマイレブン」の特別上映を見てきました。
短時間でどうするかとも思いましたが、見てみれば納得の内容でした。

それよりも劇場内の女子率の高さに改めて驚きです(笑)。
キャラのアクションで黄色い声が上がるというのも、なかなかお目にかかれない
光景かもしれません。
posted by 旭亮 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

ウィークエンドアニメ

昨日おとといと外出続きだったので、たまっていたアニメ録画をひたすら視聴。
週末は特に本数が多いし、面白い作品ぞろいだから大変だ!

というわけで、普段はニチアサだけ感想を残すところを、今週は
ちょっと拡大して書いてみる。

>ジョジョ
オランウータンのセリフをノリノリで代弁するナレーター(大川さん)に
つきる(笑)。

>シドニア
私にもはっきり旗(フラグ)が見えるくらいにわかりやすいのはいいんだが、
わかっていてもこれはキツい。こういう容赦ない展開がさすがシドニア。

>悪魔のリドル
ニュータイプのCMでも分かる事だけど、首藤さん役の安済さんが
チャイカ・トラバントも担当しているのは、さすが声優さんと
言わざるを得ない。
趣を変えてのゲーム形式バトルは面白い切り口でした。
あっさりチューされちゃう兎角さんかわいい。

>アルペジオ(再)
あの衝撃のEDはさすがに差し替え無しだった(笑)。
霧くま'sでのタカオのツッコミがキレッキレで良い。ハルナも太鼓判。

>ニセコイ
分かりやすいくらいに実にベタなラブコメっぷりが清清しい。
とは言え、千棘以外が半ば当て馬状態なのはちょっと気の毒ナンダナ。

>劣等生
何と言うか、ここまで圧倒的な主人公を見ていると、敵役の方が
気の毒になってしまう(笑)。

>トッキュウ
戦隊がなぜ複数メンバーで構成されているのか、それに対する答えは
毎年必ずなんらかの形で現れている気がします。

>鎧武
映画公開時期に合わせなければならない為に前後のストーリーとの
つながりが無くなってしまった点を除けば、おおむねいい感じの
キカイダーコラボスペシャルでした。
紘汰ならああするだろうな〜、とイメージ通りだったのに対し、
プロフェッサーが斜め上(笑)。頭の赤線はアドリブだそうで。

>ハピネス
10周年のちょいネタと思っていた増子さんがまさかのメイン!
世界を救うヒーローになりたい! と思っていたんだけど、実はもう
みんなの心を救っていた、というオチは良かった。

ってな感じでざっくり終了〜。
さすがに毎週はムリ(笑)。
posted by 旭亮 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

なんと夏コミ2日目に

ちょっと残念なニュースが。
5/31から放送予定だった「花物語」が、8月に延期になったそうです。
久しぶりに神原後輩の元気な姿を見られると楽しみにしていたので、
これはショックですね〜。

kanbaru11.jpg
「……そっとしておこう」
「……そうね」
かける言葉も見つかりません(笑)。
posted by 旭亮 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

もはやMAP兵器

>トッキュウ
一時的とは言え、トカッチのスーツ姿がハマりすぎてて違和感ゼロ(笑)。
序盤とは言え容赦なく大ピンチを持ってくるあたり、小林脚本の
全力っぷりが見て取れます。シャドーライン側の人間関係も複雑さを
増しそうで面白い!

>鎧武
早くも貴虎生存が判明。もっと引っ張るかと思いました。
強大な力を持ったがゆえに、互いに争うことを止めずに滅んでしまったと
言うのは、示唆に富んでいて色々と考える事ができそうです。
仮面ライダー自体が、敵と同じ根源の力を用いて戦うもの、という概念を
持っていますからね。
次回はキカイダーとコラボ! 息詰まる展開が続いていただけに、ちょっと
箸休めなエピソードになりそうです。

>ハピネスチャージ
もはや恒例!? 母の日エピソード。
故国が滅ぼされている事から、いつになく重いお話ではありましたが、
潜入に際してミラーチェンジを使ったコミカルな動きで楽しませるあたりは
さすがです。
「敵の勢力化だから、普段の力が出せない」と言うのは、緊張感があって
良いですね。
その圧倒的不利な状況で、あそこまでの威力を発揮するラブリーブラスターって(笑)。
ラブリーの戦闘センスの高さに限界はないのか!?
posted by 旭亮 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする