2016年04月24日

修復作業

昨年のことですが、新調したばかりのキャリーケースが、持ち上げる用のハンドルが
重さに耐え切れず外れかけたという事がありました。
幸い伸縮する引っ張る方は無事だったのでなんとかなりましたが、階段を上る
時などはハンドルが使えないと困るので、修理を試みることにしました。

ハンドルは2箇所をネジのようなパーツで固定されており、その片方が外れて
しまった状態でした。
あえてネジ「のような」と表現したのは、見た目ネジ頭のようなモールドが
あるだけで、実際は釘のように打ち込んであるだけのパーツだったからです。
それならばと、ここは本当にネジで止めてしまおうと、ホームセンターへ行って
同じくらいのサイズのネジとナットを購入。
キャリーケース本体にネジが通るくらいの穴を開け、ネジ止めでしっかりハンドルを
固定しました。
これなら、ちょっとやそっとの重量で取れてしまうことはない……はず(笑)。
posted by 旭亮 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック