2016年10月08日

超・接戦

今日は公式予選が行われました。
天気予報では雨の可能性もかなりありましたが、なんとか持ちこたえて
くれて、ドライコンディションの走りを見られました。
見るほうも楽ですからね(笑)。

タイムアタックは、大方の予想通りメルセデスが頭一つ抜きんでており、
完全に他の追随を許さない展開に。そんな中、新興チームであるハースの
健闘が光りました。かなり好調とは聞いていましたが、2台そろって
Q3進出とは驚きました。明日の決勝でも台風の目になるかもしれませんね。

ポール争いは、最後までメルセデス同士の一騎討ち。
ここまでの全セッションでロズベルグの後塵を拝してきたハミルトンが、
Q3で初めてトップに立ちます。
残り時間もわずか、二人が再度コースインすると、場内に緊張が走ります。
最後に先頭に立ったのは……ロズベルグ! わずか0.0013秒差という
僅差に、どよめきが起きました。

今年はテレビ中継を見ていないため、動いている予選のアタックを見るのは
今年初めてでしたが、このエキサイティングな展開こそF1の予選! と
思い出しました。

明日は決勝、熱いバトルを期待しましょう!
posted by 旭亮 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする